仙台七夕祭り!2015年の日程は?

スポンサードリンク

東北三大祭りとは、仙台七夕まつり、青森ねぶた祭、秋田竿燈まつりの3つのことです。

これらはどれも8月初旬に開催され、七夕に関連している行事です。

また、どれも戦前から確立しており、長い歴史のある伝統的なお祭りです。

仙台七夕祭り

なかでも仙台七夕まつりは1日の平均動員数が65万人を越える大規模なお祭りで(青森ねぶた祭は1日平均53万人動員、秋田竿燈まつりは1日平均33万人)、全国各地から観光客が訪れます。

7種類の七夕飾りだけでなく、和紙や千羽鶴を垂らした吹流しも見どころのひとつです。

3つのお祭り全てを見るために8月は長期間の東北旅行をする人もいるそうで、熱狂的なファンにも支持されています。

2015年はどうなるんでしょう?調べてみました♪


日程:2015年8月6日(木)~8日(土)10:00~22:00

最終日8日は21:00まで








アクセス情報


場所:宮城県仙台市青葉区


会場:①仙台駅前~中央通り、一番町通りアーケード
(豪華な笹飾りや昔ながらの飾りなど、様々な笹飾りを見ることができます)

   ②勾当台公園市民広場
(七夕飾り製作体験、七夕おどり、フードコート、天の川イルミネーションなどが楽しめます)

アクセス方法:車 東北道「仙台宮城IC」より約15分

最寄り駅:JR東北本線「仙台駅」

交通規制:あり(七夕飾り付近は全日車両通行止め、その他部分的に時間帯によって交通規制あり)

駐車場:随所にパーキングなどあり(全100台程度)

アクセス情報


仙台七夕祭りの裏情報


東北三大祭のひとつで、仙台七夕まつりは3日間で来場数200万人を超える、動員数トップを誇るお祭りです。

江戸時代から続く最も古い七夕祭りで、日本古来の星祭りの伝統を引き継ぐ、豪華絢爛な飾り付けが有名です。

江戸風の七夕を取り入れており、「たなばたさん」とも呼んでいます。

第一次世界大戦をきっかけに一度は祭りが中止となりましたが、昭和2年に、復興と好景気への願いを込めて仙台商人たちの手で復活させました。

それ以降は「飾りつけコンクール」や仕掛け物、電飾などの工夫も加わって年々盛り上がりを見せるようになりました。

七夕

見どころ・穴場情報・注意点は?


見どころ:それぞれに意味のある7種類の七夕飾りが飾られます。

①短冊・・・学問や書の上達への願い

②紙衣・・・病や災いの身代わりとなってくれるもの

③折鶴・・・長寿への願い

④巾着・・・豊富と貯蓄、商売繁盛への願い

⑤投網・・・豊漁への願い

⑥くずかご・・・清潔と倹約への願い

⑦吹流し・・・織姫の織り糸をあらわしている

仙台駅前から一番町通りアーケードにかけては、吹流しを中心として他の6種類も随所に飾られています。

全ての種類を見つけながら歩くのもまた楽しみのひとつとなっています。


リアルな街の声



2015年はどうなる?


仙台七夕祭りの前日には、仙台七夕花火大会が行なわれます。

七夕祭りと一緒に仙台の夏を彩る、市民に愛されている花火大会です。

七夕祭りは団体のツアー客など県外からの来場者が多いのに対して、七夕花火大会は仙台市民が中心となっているのが特徴です。

2014年は花火大会の前に地元の高校生によるライブパフォーマンスが行なわれ、七夕祭りの前夜祭のように盛り上がりました。

2015年も七夕祭りに向けてすでに準備が始まっております。

スポンサードリンク

このページの先頭へ