fukuoka東区花火大会!2015年の穴場は?

スポンサードリンク

九州の人気花火大会ランキングでは6位に入っており、福岡県内各地から人が集まる人気のfukuoka東区花火大会

さらに、一般市民や地元企業の協賛だけで花火大会の費用を捻出している、全国的に珍しい市民主体の花火大会なのです。

市民だけでつくりあげてここまで大規模になった花火大会ということもあり、ファンも多く、その日は仕事を早く切り上げて社員全員で花火を鑑賞している企業もあります。

fukuoka東区花火大会

2015年穴場:海上の船から打ちあがるため、海を囲む四方の海岸沿いどこからでも花火を見ることができます。

花火が頭上から降ってくるように打ち上げるので、近くで見ることに最大の魅力がある花火大会です。

是非、海岸沿いまで降りて観覧しましょう。


東区のアイランドシティ中央公園やイオン香椎浜屋上などもおすすめです。

博多駅アミュプラザ最上階の映画館の裏が休憩所になっており、大きなガラスの通路からも花火が見られます。

あまり知られていませんがベンチもあるのでゆっくりできます。

よほど大きな花火でないと見えませんので、時間や移動の都合で会場には行けないが最後の連発花火だけでも見たい場合はおすすめです。


注意点:会場の場所取りは当日の12:00以降となっています。

場所取り制限区域もありますので、当日の看板や誘導に従いましょう。

また、会場の近くが高速道路入り口ということもあって、交通渋滞が激しいのも特徴です。

イオン香椎浜に駐車した場合、出庫までに1~2時間かかります。


2015年の日程と時間は?

日程:2015年9月5日(土) 小雨決行、荒天の場合は翌日へ延期

時間:19:30~20:30






fukuoka東区花火大会2015詳細


場所:福岡県福岡市東区香椎浜


アクセス方法:【車の場合】福岡都市高速1号「香椎浜IC」より約10分

【電車の場合】JR「香椎駅」より徒歩約20分

西鉄「香椎駅」より徒歩約15分

交通規制:あり(18:30~22:00)

会場周辺およそ18ヶ所で車両進入禁止となし、通行止め区間もあります。

当日の看板や誘導に従いましょう。

駐車場:なし

駅周辺にわずかにコインパーキングがありますが、お昼~夕方前にはほとんどが満車となります。


打ち上げ本数:約7,700発

来場者数:約10万人

屋台・出店:多数あり

イオン香椎浜の裏に集中して出店されています。



見どころ:銀トラ・色トラ花火

“トラ”とは、打ち上げ玉を一斉に放出する様子が虎の尾を連想させることから名付けられました。

太く尾を引いて上昇して、上空で花開く細工も施されており、この花火大会の最大の見どころとなっています。


まとめ


天神からは会場への臨時バスが5~10分間隔で運行します。

行きは16:30~の運行になります。

また、特別な花火鑑賞ができる遊覧船「マリエラ」のディナークルーズへの参加が可能です。

立食ビュッフェで大人¥10,500、子ども¥5,800です。

先着250名限定のクルーズですので早めに確保しましょう。


それだけ親しみがあるため会場の美化には徹底しており、花火大会終了と同時に会場にいる人々が各々のゴミを必ず持ち帰ります。

会場隣のイオン香椎浜でゴミの一斉回収も行なっており、ゴミを持った人々がイオンの駐車場に列をつくります。

来場客のマナーの良さもあって長く続いてきた花火大会です。

初めて訪れる人も、毎年訪れている人も、マナーを守って花火大会を継続していきたいですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ