筑後川花火大会2015の日程は?

スポンサードリンク

西日本最大級の花火大会で、日本で最も古い花火大会としても有名な筑後川花火大会

1650年に久留米藩の有馬忠頼が水天宮に社殿を寄贈し、その完成を祝って花火が奉納されたことが始まりだとされています。

2004年から会場を6つに増やしたことで観覧場所を分散することができました。

筑後川花火大会

これだけ大規模で有名な花火大会ですが、どこの会場からも河川敷に座って見ることができます。

メイン会場の水天宮では、京町側の屋台周辺に人が多く集まって花火が見にくいので、河川敷まで降りた方が場所を確保できます。

長門石橋下は柱や線路で見切れているので人が少なく、花火開始後でも場所取りができます。


日程:2015年8月5日(水) 小雨決行、荒天の場合は翌々日へ延期

時間:19:40~21:10



場所:福岡県久留米市瀬下町 筑後川河川敷


アクセス方法:【車の場合】長崎自動車道「鳥栖IC」より約30分

【電車の場合】JR「久留米駅」より徒歩約10分

交通規制:あり(18:30~22:30)

小森野橋と長門石橋南側は全面通行止めとなります。

旭町信号入口から小森野橋入り口、JR久留米駅周辺は歩行者専用道路となります。

駐車場:あり

鳥栖ベストアメニティスタジアムの駐車場が無料開放されます。

収容台数は約1,000台ですが、駐車後は徒歩5分のところにあるJR鳥栖駅から電車で久留米駅へ向かわなければなりません。

よって開始1時間前でも駐車に空きがあり、スムーズに停められます。

JR久留米駅横の立体駐車場は17:00~21:00まで入出庫禁止となります。





筑後川花火大会2015詳細


打ち上げ本数:約1万8,000発

昨年の来場者数:約45万人

屋台・出店:多数あり

JR久留米駅から会場までの道をはじめ、各打ち上げ会場で多数の屋台があります。


見どころ:筑後川を利用した巨大ナイアガラ

スターマインや仕掛け花火はもちろん、筑後川を縦断するようなナイアガラは毎年の見どころとなっています。

絵花火や協賛花火などもあり、一瞬も目が離せません。


穴場はココ!


穴場情報:①ゆめタウン久留米の屋上駐車場

筑後川河川敷の裏に立地しているため、花火を綺麗に見ることができます。

しかし久留米ICの近くにあるため、交通渋滞は避けられません。


②鳥栖会場の下野町運動公園

他の会場に比べて人が少なく、大きな建物もないのでゆっくりと花火を見ることができます。

しかし郊外になるので会場のような迫力さは感じられません。


注意点:西鉄久留米駅からは臨時で有料シャトルバスが運行されます。

毎年、会場周辺の交通渋滞が問題となっていますので、公共交通機関の利用をおすすめします。

鳥栖ベストアメニティの駐車場を利用した場合、そこから帰りの渋滞はあまりひどくありません。


2015年で356回目を迎えます。

会場は6つあり、メイン会場は水天宮河川敷の「京町会場」と久留米城河川敷の「篠山会場」です。

「小森野会場」や「長門石会場」からも花火が打ちあがり、2~3方向から花火が同時に打ち上がる場面もあります。

「鳥栖会場」と「みやき会場」からも少しですが花火を見ることができます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ