阿久根みどこい祭り花火大会2015の穴場は…

スポンサードリンク

九州では、熊本県のやつしろ全国花火競技大会に次いで2番目に人気の阿久根みどこい祭り花火大会

美しい、美味しい、魅力、見どころ、の4つの意味が込められた祭りです。

花火の美しさ、鹿児島特産品の美味しさ、鹿児島の魅力、見どころ満載の花火、これら全てを一度で楽しめるお祭りなのです。

阿久根みどこい祭り

クチコミの「行ってよかった鹿児島の花火大会」にも2位に選ばれています。

2015年で開催17回目を迎えます。

大人から子どもまで楽しめるイベントも企画されていますので、花火大会だけでなく2日を通して参加してみてはいかがでしょうか。


穴場情報:阿久根市総合運動公園

打ち上げ会場から離れているため人や車の混雑は避けることができますが、大きな打ち上げ花火しか見られません。

穴場スポットからの鑑賞よりも、海が見える港まで行って鑑賞することをおすすめします。

注意点:臨時駐車場から打ち上げ会場まではシャトルバスの運行があります。

駐車可能台数が少ないため、できるだけ公共交通機関を利用しましょう。





阿久根みどこい祭り花火大会2015詳細


日程:未定(小雨決行、荒天の場合は延期)

2014年は10月12日(日)に開催されましたので、2015年は10月11日(日)だと予想されます。

時間:20:00~20:50



場所:鹿児島県阿久根市 阿久根新港


アクセス方法:【車の場合】南九州西周り道「薩摩川内都IC」より約45分

【電車の場合】肥薩おれんじ鉄道「阿久根駅」より徒歩約15分

交通規制:あり

打ち上げ会場周辺が規制されます。

また、初日のハンヤ踊りでは国道3号線が歩行者天国となります。

駐車場:あり

約1,000台を無料開放しています。


打ち上げ本数:約6,000発

昨年の来場者数:約2万人

屋台・出店:あり

祭り定番のかき氷や焼きそばはもちろん、鹿児島の特産品や九州名産屋台も並び、グルメを満喫できます。


見どころ:連発花火

各所から同時に花火が打ち上げられ、圧巻のスペクタルショーを見ることができます。

最大号数は8号で、海から打ちあがる花火や仕掛け花火など内容盛りだくさんです。


まとめ


2014年から日程が夏から秋へ変更となりました。

阿久根みどこい祭りは2日間にわたって開催されます。

時間は、初日が17:00~20:00、最終日が10:00~21:00となっています。

初日は市街地国道3号線を練り歩く“ハンヤ踊り”や鹿児島の特産品が並ぶ“阿久根みどこい市”などが開催され、最終日では音楽ライブやヒーローショーが予定されています。

花火は祭りのフィナーレを飾る、最終日の夜に予定されています。

スポンサードリンク

このページの先頭へ