いたばし花火大会2015の日程は?

スポンサードリンク

知る人ぞ知る、戸田市主催の花火大会と板橋区主催の花火大会が、時を同じくして交互に打ち上げられる、壮大な花火として有名ですね。

打ち上げられる花火の数は、なんと、迫力の11,000発、毎年の見物客は両方で90万人にも及ぶそうなんです。

いたばし花火大会


いたばし花火大会の日程… 2015年8月1日

開催時間 … 19:00~20:40

雨天の場合には、翌日に順延となります。



開催場所 … 荒川戸田橋上流板橋川河川敷(都営三田線側)


アクセス
都営三田線 … 高島平駅、西台駅、蓮根駅下車 夫々の駅下車⇒徒歩30分位

JR埼京線 … 浮間舟渡駅下車⇒徒歩30分位

東武東上線 … 成増駅、東武練馬駅下車⇒国際興業バス⇒夫々の停留所⇒徒歩15分位

交通規制
大会当日では周辺の道路は、17:00~22:00位までは車両乗り入れ禁止となり、歩行者専用道路になってしまいます。

駐車場
会場周辺には、駐車場もありませんので、車の乗り入れは避けた方が良いと思います。





いたばし花火大会2015の詳細


いたばし花火大会独自に、数千発の花火が打ち上げられる、その姿は圧巻です。

19:00~ 第1部が開催され、オープニングワイドスターマインから始まり、様々な花火が打ち上げられ、全長600mのナイアガラが上げられ、最終にはワイドスターマイン「いたばし名物夜空の大万華鏡が打ち上げられます。

ナイアガラの滝は、関東の花火の中では最長の仕掛け花火となります。

打ち上げ玉も、都内最大の尺5寸と言った大きさは、少しくらい離れていても迫力充分ですね。


今回の見どころは1.5尺玉がオープニングと、中盤と、最終の三カ所で大々的に打ち上げられるそうです。

その他にも、数多くの打ち上げ花火大会が見る事が出来、毎年新しい種類の花火が披露されるのも楽しみの一つです。

エンディング間近に上げられる、尺玉とナイアガラの滝は、ほんの数分の間で、数千発もの花火が続けざまに打ち上げられ事で有名です。


穴場情報


野草広場
花火大会会場に一番近い西台駅はとても混雑するので、一つ先の高島平駅で下車し、野草広場で見ると意外にゆっくり観覧できると思います。


戸田公園近くの戸田川河川敷
特にナイアガラを見るには、この場所が良いかと思われます。
打ち上げ花火もナイアガラも綺麗に見えますし、何より板橋川に比べると空いているのが良い!


注意点
花火大会当日の一定の時間内には、居住者証があっても車両の通行は出来ません。
もし、日曜日も悪天候の場合は、残念ですが中止になってしまいます。


いたばし花火大会の、仕掛け花火では「ナイアガラの滝」、打ち上げ花火では「大スターマイン」、これらの花火師たちの一押し芸術玉の共演が見どころです。


新川岸側付近の道路や、周辺の公園や荒川橋等から、夕涼みがてら歩きながら見上げる都会の花火も、あんがいと風流なものだと思います。

是非出掛けて見られませんか。

スポンサードリンク

このページの先頭へ