やつしろ全国花火競技大会2015!日程と駐車場は大丈夫かね?

スポンサードリンク

日本各地の花火師がおよそ30社集い、花火の技を競う全国的に有名なやつしろ全国花火競技大会

2015年もしっかりと審査結果が発表されるので、毎年それぞれの花火から目が離せません。

2014年は九州の部スターマインで福岡県の塚本花火工業による「吉祥天舞」という作品が優勝しました。

やつしろ全国花火競技大会2015

全国の部の10号玉では秋田県の北日本花火興業による「紅妖花 ~揺れる花びら~」が優勝しました。

毎年表彰の常連となっている花火師や新しく参戦する花火師などにも注目して鑑賞すると楽しさが増します。

日程:2015年10月17日(土) 荒天の場合は11月7日(土)へ延期

時間:18:00~22:00



場所:熊本県八代市 球磨川河川緑地(新萩原橋)


アクセス方法:【車の場合】九州道「八代IC」または「八代南IC」より約10分

【電車の場合】JR・肥薩おれんじ鉄道「八代駅」より徒歩約10分

交通規制:あり(14:00~22:00)

国道3号線八代ICから会場周辺を大規模規制する予定です。

新萩原橋は19:30より歩行者天国となります。

駐車場:あり

日奈久駐車場や総合体育館、夕葉橋下河川敷など18ヶ所を無料開放し、収容台数は6,300台です。

14:00の交通規制開始前には満車となりますので、車での来場は12:00頃を目安にすると良いでしょう。





やつしろ全国花火競技大会2015の詳細は?


打ち上げ方法:約1万2,000発

昨年の来場者数:約30万人

屋台・出店:多数あり


河川敷に沿って数百もの屋台が立ち並びます。

河川敷だけでなくそのまま住宅街の手前まで屋台が並びますので、買うタイミングには困らないでしょう。


見どころ:競技花火

全国の花火師が集って花火の技を競う「競技花火」が最大の見どころです。

他にもミュージック花火やナイアガラ、球磨川にかかる仕掛け花火など、内容盛りだくさんです。


穴場は?

穴場情報:①龍峯山自然公園

車で龍峯山の5合目まで登れます。

人や車の混雑を避けられ、大規模な八代の花火を上から見下ろせるという点も魅力です。

②八竜山さかもと八竜天文台

山の頂上まで車で行けるのが最大の特徴ですが、花火は小さくしか見えません。

八代市内まで一望できて駐車場もあるので、いつもとは違った場所で見たいという人にはおすすめです。

注意点:交通規制がかかっていない住宅街を通って会場の近くまで行ける抜け道がありますが、同時に路上駐車が毎年問題となっています。

住宅街一体にコーンを設置して駐車を取り締まっていますが、それでも路上駐車をしていく車が見受けられています。

マナーを守って、できるだけ公共交通機関を利用するようにしましょう。


さらに花火を楽しみたい方は…


臨時駐車場からは往復500円でシャトルバスの運行を予定しています。

当日の交通渋滞は1時間を越えていますので、公共交通機関の利用をおすすめします。

また、より近くで確実に見たいという人には有料席がおすすめです。

3,000席の確保があるエキサイトシートは1名¥3,500

2,000席の確保があるドリームシートは1名¥2,500

2,000席の確保があるスタジアムシートは1名¥1,500

となっています。

当日は人の混雑によりまともに見られない可能性もありますので、有料席を早めに確保しておくのも良いかもしれませんね。

一般発売は8月の上旬を予定していますが、毎年すぐに売り切れてしまいますので公式ホームページを頻繁にチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ