葛飾納涼花火大会2015の日程は?

スポンサードリンク

東京で、初めに行われる花火大会と言うと、やはり葛飾納涼花火大会ではないでしょうか…。

何と言っても、打ち上げ場所と観客席の近さは、花火師との一体は半端なく迫力が伝わってきます。

今年の打ち上げ花火数は、12000発もの花火が打ち上げられ、4尺玉が打ち上げられます。

葛飾納涼花火大会2015

日程 … 2015年7月21日予定 (毎年7月第四火曜日に開催されています)

開催時間 … 19:20~20:20

荒れた天候の場合は、翌日に順延になります。
 *両日共に荒れた場合には、残念ですが中止になります。



開催場所 …葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)
住所⇒糖Y行と葛飾区柴又7-17


アクセス

京成電鉄⇒柴又駅下車⇒徒歩約15分
*柴又駅を降りると、馴染の寅次郎の銅像に迎えられ、会場までの柴又帝釈天参道を歩くのも楽しいですね。

北総鉄道⇒新柴又駅下車⇒徒歩約15分
*柴又駅では、かなりの混雑が予想されますね。

交通規制
会場周辺の道路の全てが車両は通行禁止となります。

駐車場
江戸川河川敷駐車場広場
 *ある事は有りますが、交通規制になるので要注意です。




葛飾納涼花火大会2015の詳細


毎年凡そ22万人もの観客が来場されています。

昨年は、有料席として河川敷準備されました。
内容は … 2人席、4人席のビニールシートから、ベンチ席等が打ち上げ場所近くに設営されて楽しめたそうです。

花火の種類も、毎年独創的な物が打ち上げられるのも楽しみの一つと言えます。

柴又駅から帝釈天参道を歩き、花火大会当日は、沢山の露店も出ますので、寅さんファンの中には、これを楽しみのされている方も多いのではないでしょうか。


見どころ

オープニングに上げられる打ち上げ連続花火は、かなり期待出来ます。

この場所は、高い建物などは殆ど有りませんので、花火大会を結構見やすいのですが、特に有料席付近や江戸川河川敷などで、充分に楽しんで頂けると思います。


穴場はここだ!


その1)新葛飾橋
葛飾区金町~千葉県松戸市上谷切の国道六号線の橋では、花火を打ち上げられる場所にも近い方で、良く見る事が出来ると思います。

その2)江戸川河川敷
江戸川を挟んだ千葉県松戸市側で、葛飾区側では打ち上げ場所に近いのですが、案外混雑を避ける事も出来て、場所取りもしなくて、露店も楽しめるのではないでしょうか。

注意
*以前はJR金町駅付近で、イトーヨーカ堂の屋上や教習道路などを解放されていて、穴場として知られていた
のですが、花火大会用の場所の解放は無くなっているので要注意です。

*会場が河川敷と言う事ですので、歩きやすい服装でお出かけと、虫よけスプレーが有ると良いですね。



今年の打ち上げ花火は、一時間で12000発にも及ぶ数のデジタルスターマインは、もの凄い迫力になると思われます。

葛飾納涼花火大会は、和の花火大会と言われていて、恒例のナイアガラは強烈な銀の光と、色の中で迎えるクライマックスは言いようがない迫力と感動を与えてくれて、是非東京のスタートとして楽しめる花火大会と言えます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ