さぬき高松まつり花火大会どんどん高松2015の日程は?

スポンサードリンク

毎年8月12日~14日の3日間で「さぬき高松まつり」が開催されています。

さぬき高松まつり花火大会はその中日に開催されるのが定番となっており、高松市が最も賑わう日です。

漁船のパレードや花火大会が行なわれていた「高松港まつり」と、屋島山で行なわれていた「盆踊り大会」が合体して「さぬき高松まつり」となりました。

どんどん高松は3日間で約58万人を動員する大きなお祭りに成長しました。

花火大会のほかに、香川の名物さぬきうどんの大食い選手権や中央通りを練り歩く「総おどり」も名物イベントとなっています。

さぬき高松まつり花火大会


さぬき高松まつり花火大会どんどん高松の日程は?

日程:2015年8月13日(木) 雨天の場合は15日(土)へ延期

時間:20:00~20:50



場所:香川県高松市サンポート サンポート高松北沖合海上


アクセス方法:【車の場合】高松自動車道「高松西IC」より約20分

【電車の場合】JR「高松駅」より徒歩約3分

ことでん「高松築港駅」より徒歩約5分

交通規制:あり(18:00~22:00)

高松シンボルタワー周辺道路すべてが18:00~22:00の間で歩行者専用道路

JR高松駅前から多目的広場西交差点の信号まで、20:30~22:00の間で車両通行止め

駐車場:あり(17:00~22:30)

高松競輪場や中央卸売市場、旧築地小学校の運動場などで臨時駐車場が開放されます。





打ち上げ本数:約8,000発

昨年の来場者数:約26万人

屋台・出店:あり

会場周辺におよそ200店の出店あり



穴場はココ!


見どころ:スターマイン

光と音と型をテーマとした花火がメインで、特に「型もの」と呼ばれる花火に注目です。

穴場情報


①峰山公園

地元新聞記者が写真を撮る場所としても有名な峰山公園の展望台は、花火がきれいに見える穴場スポットです。

頂上へ行くまでの道のりでカーブが多いが、登りきると市内や瀬戸内海を一望できる素晴らしい景色が広がります。



②イオン高松の屋上駐車場

車で会場周辺まで行くのは渋滞や駐車場が心配で避けたいという人におすすめです。

打ち上げ会場から少し離れていますが、打ち上げ花火を見るには十分の場所です。

注意点:駐車場の臨時開放やパーク&ライドの数の多さがとても便利ですが、サンポート地下駐車場は18:00に入り口が閉鎖されますので注意が必要です。



ゆっくり花火を見たい、特別感を味わいたいという人におすすめなのが有料席と遊覧船です。

なんと有料席の場所はサンポートホールの屋上広場なのです。

打ち上げ会場のすぐそばに建つサンポートの絶景ビューポイントが、完全予約制で食事とフリーソリンク付、大人¥6,000、子ども¥3,500となっています。

2015年7月初旬から発売が開始される予定となっています。

また、遊覧船は5つのフェリー会社が企画しており、船の大きさや収容人数に違いがあります。

金額やその他のツアー内容も見比べて、自分に合ったプランを予約しましょう。

4月現在ですでに受付が始まっているツアーもありますので、早めにチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ