足立の花火が2015年も開催!日程はいつよ?

スポンサードリンク

いよいよ、2015年も夏本番…、足立の花火大会の季節が間近になりましたぁ…!

関東の花火大会の中では、上位に入ると言われていて、毎年観客は約60万人にも及ぶと言われています。

日程2015年7月18日

開催時間…19:30~20:30

雨天…荒れた天気の場合は翌日への順延


足立の花火

打ち上げ場所 …荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋の間



アクセス … 観る場所により異なりますが…、
千住側で見る⇒JR:東京メトロや東部鉄道を使って、北千住駅下車16分位
西新井川で見る⇒東部スカイツリーラインを使い、小菅駅か、五反野駅、若しくは梅島駅で下車

駐車場 … 特に専用の駐車場は有りませんので、周辺にある有料駐車場を利用して下さい。

交通規制 … 会場付近は殆ど交通規制されている事から、車やバイク等の乗り入れは出来ません。





足立の花火2015詳細


打ち上げ数 … なんと、凡そ12000発です。

花火の種類は、 打上花火、スタ-マイン、小型煙火、仕掛花火(足立名物のナイアガラ)等々と見る価値満点で、昨年の人出は、なんと50万人にも及ぶ観客だったそうです。

土手での見学も良いのですが、場所により混雑する所もありますから、早めに行って見易い場所を確保してくださいね。

花火を見学しながら、なんと河川敷対岸越しには、東京スカイツリーのライトアップを見る事も出来るのですよ✌


見どころは
1時間におよそ12000発の花火の打ち上げは、高い密度の美しさと大迫力と、また連発での打ち上げや、スターマインの数々のセットは圧巻です。

足立区の区木といわれている“満開のしだれ桜”と名付けられる連続打ち上げ花火も見逃せませんね。




穴場はココ!


穴場として、打ち上げ場所が荒川河川敷と言う事なので、土手に場所取りをして楽しんで頂けますが、近場で下から見上げるのも良いと思いますが、離れた場所で見るのもお薦めですね。

梅島、西新井川の河川敷
ここから見る、ナイアガラは切れる事無く、綺麗に見える絶好の場所だと思います。

扇橋大橋周辺
少し距離をおいて、真正面から見る花火は、混雑からも避けられて、見上げる必要がないので楽に見物できると思います。

その他に屋形船で楽しむのも、情緒が有って良い物では無いでしょうか。


注意点
*花火大会での怪我や盗難や迷子には気を付けて下さい。
*千住側には立ち入り禁止の場所もあります。



まとめ


足立の花火は37回目を迎えます。

2015年も、大会目玉のナイアガラは迫力のある、300mの打ち上げ幅も見逃せませんね。

足立の花火大会では、花火の種類の多さと、開花した時の花火の直径は300mにも及ぶそうで、ステージ毎に花火の色の変化も楽しめるそうです。

きっと、そのスケールの大きさには驚きが隠せないのではないでしょうか!


足立の花火大会の歴史は、明治時代から始まり、約100年もの歴史ある大迫力花火大会として知られています。

今年も多くの観客の心を魅了し、夏の夜空を大輪の花火が、良い思いで作りのお手伝いをしてくれる事間違いなしすね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ