呉海上花火大会!2015の穴場スポット5選

スポンサードリンク

呉海上花火大会が2015年も開催されます。

そこで穴場スポットを調べました。


穴場スポット:①大和ミュージアム前

打ち上げ場所から近く、人が少ないおすすめスポットです。

早くから場所取りをせずに見ることができます。

大和ミュージアム


②ゆめタウン呉の屋上駐車場

折りたたみ椅子を並べて鑑賞でき、トイレや飲食物の心配もしなくてよいので家族連れにも人気です。

ゆめタウン呉


③クレイトンベイホテル

特にカップルに人気のスポットです。

人ごみを避け、落ち着いて見られるとあって、部屋の予約は早くに埋まってしまいます。



④「灰ヶ峰」の見える場所

観覧場所は、呉市のシンボルである灰ヶ峰が見える場所を選びましょう。

花火の光に照らされてシルエットが浮かびあがるので、花火写真愛好家にも人気のアングルです。

灰ヶ峰


⑤宮原周辺

宮原へ向かう山の途中で車を路肩に止めて、呉を見下ろすように花火を見ることができます。

打ち上げ場所からも近いので、駐車場を探せなかった場合にもおすすめです。

花火のフィナーレを車内で見ながら帰ると渋滞をうまく避けられる場合もあります。

注意点:公式ホームページによると車での来場は不可となっています。

駐車場やシャトルバスの運行もありませんので、必ず公共交通機関を利用しましょう。




地元の人しか知らない…呉海上花火大会の詳細とは?


日程:2015年8月1日(土) 雨天決行、荒天中止

時間:20:00~20:45



場所:広島県呉市築地町 呉港周辺


アクセス方法:【車の場合】広島呉道路「呉IC」より約10分

【電車の場合】JR呉線「呉駅」より徒歩約15分

交通規制:あり

呉港周辺および川原石南ふ頭への車の進入は禁止となっています。

駐車場:なし

公共交通機関の利用をおすすめしますが、車での来場の場合は早目に現地へ向かい、呉駅周辺のコインパーキングを利用しましょう。


打ち上げ本数:約3,500発

昨年の来場者数:約14万人

屋台・出店:多数あり

特に海上自衛隊敷地内や川原石南埠頭付近に集中しています。



見どころ:呉の花火大会のキャッチフレーズは「光と音が織りなす大スペクタル」です。

海上での大スターマインや10号玉の打ち上げなどに注目です。


2015年も有料特別観覧席が用意される予定となっています。

全部で350席の用意があり、1名2,000円となっています。

呉の雄大な花火を1発たりとも見逃さないように、ベストスポットで席が用意されています。

一般発売は7月の上旬となっています。




まとめ


呉海上花火大会は昭和52年から開催されている、長く続く花火大会です。

呉市は海上自衛隊基地がある港町で、護衛船の停泊が見られます。

三方が山に囲まれているため、海と山と花火のコラボレーションがとても綺麗です。

一緒に呉の夜景も見られるとあって、各地から多くの観光客が訪れます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ