防府天満宮御誕辰祭の花火大会!2015年の日程は?

スポンサードリンク

防府天満宮御誕辰祭の花火大会が2015年も開催されます。

日程:2015年8月5日(水) 雨天決行、荒天の日程は中止

時間:20:30~


防府天満宮御誕辰祭の花火大会

場所:山口県防府市松崎町 防府天満宮周辺


アクセス方法:【車の場合】山陽自動車道「防府東IC」または「防府西IC」より約10分

【電車の場合】JR山陽本線「防府駅」より徒歩約15分

交通規制:あり(18:00~22:00)

競輪局前から防府天満宮周辺にかけて車両進入禁止となります。

駐車場:あり

松崎小学校と佐波中学校を臨時駐車場として開放します。

時間が15:00~22:00までとなっており、収容台数が500台と少ないため、車での来場は早めに確保しましょう。





防府天満宮御誕辰祭の花火大会のココがヤバイ


打ち上げ本数:約4,000発

昨年の来場者数:約3万人

屋台・出店:あり

防府天満宮の境内を中心に多数の屋台が出店されます。



見どころ:花火と音楽の融合

神社の由緒ある雰囲気の中で、音楽と2ヶ所から打ち上げられる花火が賑やかさを演出します。

また、カラフルなレーザー光線も加わることで普段の防府天満宮とは印象が変わり、幻想的な雰囲気となります。


2015年の穴場は?


穴場情報:天神山公園

少し高い場所から花火を見下ろすように鑑賞したい場合は、天神山公園がおすすめです。

会場からもあまり離れておらず、中心部の夜景と一緒に花火を見ることができます。

注意点:神社特有の道の狭さなので、毎年人や車の混雑が見受けられます。

随所に警備員の配置がありますので誘導にしたがって会場を行き来するようにしましょう。

天神山公園

昨年からは創作花火が演出に組み込まれるようになりました。

打ち上げ場所は、競輪局駐車場と旧野球場の2ヶ所です。

最大号数4号の打ち上げ花火などがあがる予定となっています。

夜に行なわれる万灯献灯のろうそくも約3,000に増え、花火とろうそくの光を一緒に楽しむことができます。

2014年は悪天候により中止となってしまいましたので、今年は開催が期待されています。


まとめ


防府天満宮は、福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮とともに日本三大神とされています。

御誕辰祭とは、菅原道真公の誕生日を祝うお祭りです。

菅原道真は陰暦6月25日生まれで、陽暦になおすと8月5日となります。

よって、防府天満宮では8月5日までの3日間で神賑行事を行って誕生日をお祝いしています。

3日間とも、参道には約3,000本のろうそくが置かれて天満宮を暖かい光が照らします。

子ども御輿や餅まき、弓道大会などのイベントが開催されますので花火大会だけでなく昼間の防府天満宮にも足を運んでみてください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ