宝立七夕キリコ祭り!2015年の日程は?

スポンサードリンク

宝立七夕キリコ祭り2015年も開催されます。

日程:2015年8月6日(木)前夜祭18:00~

2015年8月7日(金)開会式15:00~

大キコリ担ぎ18:30~

海中乱舞&花火22:30~


宝立七夕キリコ祭り


アクセス・場所、交通規制はある?駐車場は?


場所:石川県珠洲市宝立町鵜飼 見付海岸周辺


アクセス方法:車 能越道・能登空港ICより約40分

バス 北陸鉄道特急バス「珠洲鵜飼」より徒歩約17分


最寄り駅:なし(近くには線路が通っていませんので、交通手段は車またはバスのみです)

交通規制:あり(キリコを運行する大通り交差点付近)

駐車場:あり(見付園地駐車場を約300台分、無料開放)







地元の人も知らない…宝立七夕キリコ祭り情報


8月7日は旧暦の7月7日で、「月遅れの七夕」と呼ばれています。

石川県には能登キリコ祭りなど各地域でキリコ祭りが開催されていますが、担ぎ手不足によりキリコを担ぐのではなく、タイヤをつけて引く形をとるようになりました。

そのような中、宝立七夕キリコ祭りは長年にわたってキリコを担ぎ続けています。

担ぐ大キリコはかつて11本でしたが、町内合併などによりキリコが新調され、現在の6本スタイルが確立されました。

「ちょんがりまつり」、「砂取りまつり」と合わせて珠洲3祭りと呼ばれています。

大キリコの担ぎ以外に、地元の子どもたちによるキリコ太鼓とよさこい踊りの披露や宝立キリコ太鼓の打ち鳴らし、音楽パレードも行なわれます。

担ぐ大キリコ

見どころ:14mを超える6基の大キリコ

鉦や太鼓が鳴るなか、巨大な大キリコが100人の若い衆に担がれる瞬間が最大の見どころです。

クライマックスの花火が打ちあがる最中、大キリコは見付海岸の沖を目指します。

松明が灯された沖を目指して海の上を舞う姿は圧巻で、“海上乱舞”と呼ばれています。

海にうつりこむ松明とキコリの灯り、夜空を照らす花火がなんとも幻想的です。




この祭りは雨天決行で、台風ほどのひどい天候でない限り海中乱舞まで予定通り行います。

海上乱舞を飾る花火大会のみ、雨天延期となる場合がありますので当日の案内を注意して確認しておきましょう。




まとめ


今まではキコリの担ぎ手は男性に限定されていましたが、ここ数年は女性の担ぎ手も認められるようになってきています。



町内の少子化や過疎化によって、キコリの担ぎ手が不足しているためです。

女性や観光客の参加を認めることで更なる祭りの活性化に努めています。

実際に担ぎ手に参加している女性もいますので、肩当て・足袋・さらしを持って祭りに参加してみるのも楽しみのひとつかもしれません。

また、周辺には恋路海岸や赤崎海岸、海洋ふれあいセンターなどの観光場所もあります。

祭りと一緒に北陸の美しい海岸や海も堪能してみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ