隅田川花火大会2015!日程と穴場を徹底解説

スポンサードリンク

隅田川花火大会の歴史の古さは皆さんがご存知のように、江戸時代に疫病や大飢餓の為に、沢山の被害を受け死者が出た事で、慰霊と悪病退散を願い、隅田川で水神祭を目的として花火をあげた事が始まりと言われています。

現在では、国内花火大会競技会で勝進んだ業者のみが参加出来る打ち上げ花火大会と言われています。

隅田川花火大会

日程 … 2015年7月25日予定

開催時間は … 19:05~20:30

小雨の場合は、決行されますが、かなりの雨になった場合は、翌日7月26日に順延日程となります。




開催会場は … 第一会場:桜橋~言問橋間 第二会場:駒形橋~橋間 の2ヶ所で行われます。

アクセスは … 各電車の⇒浅草駅下車⇒徒歩凡そ5分

交通規制 … 車の規制は勿論ですが、歩行者の進行方向にも規制場所があるので要注意になります。
何処の場所で見たいのかを、事前に決めて交通ルールを確認する事をお勧めします。

駐車場 … 浅草一丁目と、神田佐久米町に「トラストパーク」有料駐車場が有るのですが、駅からはかなり離れて
いますし、数は少ないのでほぼ無いに等しいと言えます。





隅田川花火大会2015年最新情報


過去には、5寸玉も打ち上げられていたのですが、現在は打上花火の大きさに規制が掛かり打ち上げる事が出来なくなっています。

それでも、毎年の隅田川花火大会では、20000発以上の花火が打ち上げられています。

隅田川花火大会は二つの会場で行われ、第一会場は19:05分からの開演となり、第二会場では19:30分となっているのですが、終了時間はどちらも同じ20:30分ですね。

第一会場では花火コンクール等も予定されていて、11000発打ち上げられ、第二会場では11500発が予定されています。



穴場はここだぁ


第一会場でのフィナーレを彩る花火は、見物客をくぎ付けにする事間違いなしの壮大な花火と言われています。


見どころ

浅草小学校の脇にある公園
殆どの見物客は、江戸通りや馬通りを選ぶのですが、両方の通りの間が最高の穴場と呼ばれているそうですよ!
この場所からは、スカイツリーと第一会場の花火も同時に楽しめます。


浅草寺

この付近では、隅田公園や水戸街道方面に見物客は流れて行くので、案外ゆっくりと見物できるのです。

まさに知る人ぞ知る穴場…というわけですね。

少し早目に会場入りして、花火が良く見れそうな場所を、探して見るのが良いと思います。

有料ですが花見クルーズを利用すると、両方の花火を食事をしながら鑑賞できるのも魅力の一つですね。




まとめ


東京の隅田川での20000発もの打ち上げ花火はとても雄大で、毎年95万人からの見学者が訪れています。

また、スカイツリーと打ち上げ花火のコラボは、隅田川だけで楽しむ事が出来る見どころですね。

市民協賛の特設会場で、1口5000円~の協賛金で椅子やシート等の場所でゆっくりと見る事も出来きます。

花火大会開催日には、隅田川の橋は一方通行規制となり、移動し辛くなってしまいますので、見学場所は早めに確保して、早めに目的の場所に出掛けた方が良いですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ