横浜開港祭の花火が2015年も開催!日程は?

スポンサードリンク

花火大会は一般的に夏の風物詩といわれていますね。

ですが、中には夏前にも花火が見れると良いのに…、と思われている人も、少なく無いのではないでしょうね。

その様な皆様にの為に…、お答えしたのが、横浜開港祭の花火と言えます。

2015年も開催されるようです。

横浜開港祭

日程…6月2日

雨天決行です。

*大荒れの天候の場合は未定


開催場所 … 神奈川県横浜市西区みなとみらい 海上臨港パーク


アクセス … みなとみらい線⇒みなとみらい駅下車⇒徒歩5分
JR⇒桜木町駅下車⇒徒歩15分
市営地下鉄⇒桜木町駅下車⇒徒歩15分

交通規制 … 実際には行われません

駐車場 … 仲町立体駐車場(有料)や、河川敷にも臨時駐車場も使えますが、当日の混雑は避ける事は出来ない
と思われます。


横浜開港祭の詳細は!?


2015年も二日間の日程わたり行なわれ、横浜開港祭のクライマックスを彩る花火大会です。

ここでは打ち上げ花火のほか、レーザー光線の演出もあり、「光」「音」「水」「花火」等の豪華で華麗なショーを楽しむ事が出来ます。

関東では、いちばん早い夏の花火大会です。
季節外れの花火大会への、見物客は毎年70万人近くと言われています。





花火の穴場・見どころは!?


見どころ
横浜開港花火大会は、ビームスペクタクルinハーバーと言われていますが、その名に相応しく沢山のビームが使われ、短時間の打ち上げ花火ですが、音楽とレーザーを同時に、約6000発もの花火が打ち上げられます。


穴場
カップヌードルミユージアム 安藤百福発明記念館で、海側に面した芝生の敷かれている場所が良いかと思われます。
*この場所は人の出足が少し、遅いと言われている場所ですから、若干早めに来ると大丈夫です。

食べ物などをしっかりと買い込み、午前中から場所取りをして花火の始まるのを待つのも、この時期では気持ちが良い物では無いでしょうか。

その他に、ぷかり桟橋ですね。
この場所は横浜開港祭の会場内になりますが、ただ、いつもは有るテントも花火大会直前になると、撤去される事で、その時点で場所取り開始となるのです。

その他にも色々と有りますので、チェックして見る価値は有りますね。

横浜開港花火大会は、遊覧クルーズも楽しみの一つですが、たとえ公共の交通機関の遅れの為であっても、受付時間が過ぎると乗船する事は出来ないので気を付けて下さい。

また、突然の何らかの理由で、花火大会が中止になった場合でも、払い戻しはされませんので注意してください。


横浜開港花火大会は、当然ですが大変混雑すると言われているのですが、有料観覧席の準備もありますよ・・・。

ただ、此処で紹介する観覧席は少し高めだと言われています。

価格の高い理由は、横浜開港祭が行われている、三日間を継続して使用出来るペアチケット席と言われていて、その価格は驚きの40000円なんだとか…。

一度は経験して見るのも良いのかも…・。


これまでの情報から見ると、とても豪華な花火大会の様にも思われますが…。

皆が楽しむ夏前の、季節外れの花火大会と言う事で、一足早い横浜ならではの夜景は勿論、音と色とりどりのレーザーの演出、それらの花火の共演は絶対に見逃せませんね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ