勝央町金時花火大会2015の穴場がココ!日程も

スポンサードリンク

勝央町金時花火大会では花火大会以外にも2日間にわたってイベントが開催されます。

源頼光四天王のひとりである坂田金時が“金太郎”のことであり、勝央町は金太郎の終焉の地なのです。

よって金時祭とは、“金太郎”にあやかったお祭りということです。

勝央町金時花火大会

初日は地元で活躍するダンスチームやバンドによるパフォーマンスが開催されるほか、飲食店の出店やフリーマーケットもあります。

二日目は9:00~16:00まで、終日イベントが開催されます。

特に注目したいのが午前中に行なわれる「ふるさと総踊り」です。

美作に古くから伝わる四ツ拍子や勝央音頭などを披露します。

2015年も花火を見るだけでなく金時祭りにも参加して2日間丸々楽しんでみましょう。


2015年の日程と時間は?

日程:2015年10月10日(土) 雨天の場合は翌日へ延期

時間:19:30~20:30






アクセス方法・場所、交通規制はある?駐車場は?


場所:岡山県勝田郡勝央町 勝央町役場周辺、畑屋地内、滝川河川敷


アクセス方法:【車の場合】中国自動車道「美作IC」より約15分

【電車の場合】JR「勝間田駅」より徒歩約10分

交通規制:あり

打ち上げ場所の滝川南側は18:00~21:00の間で交通規制が行なわれます。

駐車場:役場駐車場を無料開放(約200台)


打ち上げ本数:約3,000発

昨年の来場者数:約1万人

屋台・出店:あり

郷土料理や地域の特産物が味わえる岡山県に特化した屋台に注目です。

もちろん定番のたこ焼きや焼きそば、カステラなどの屋台もあります。


勝央町金時花火大会の穴場はココだ!


見どころ:スターマイン

穴場情報:おかやまファーマーズ・マーケット

河川敷沿いであれば場所を選ばずにどこからでも花火を見ることができます。

人の混雑を避けたい場合は、少し離れたおかやまファーマーズ・マーケットという農業公園から勝央町金時花火大会を見下ろしてみるのも良いでしょう。


2015年10月11日(土)、12日(日)の二日間で「金時祭」が開催されます。

その初日の夜を飾るのが金時花火大会です。

秋の涼しい気候のなか、夜空を3,000発の花火が彩ります。

昨年はスターマインや仕掛け花火の他に、鳳凰の形をした絵花火も打ちあがり多くの人が写真におさめました。

2015年はどんな絵花火が打ちあがるのか、目が離せません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ