モエレ沼芸術花火2015の穴場3つ

スポンサードリンク

あなたは、知っていますか?

北海道には今までの花火大会の常識を覆すような花火大会が存在することを。

それがモエレ沼芸術花火です!

今回はそのモエレ沼芸術花火についてあなたにお伝えいたします。

モエレ沼芸術花火

【日程】 9月下旬
     〈昨年は9月20日(土)の開催でした〉

【荒天の場合】 翌日に延期

【両方とも荒天の場合】 中止とさせていただきチケットも払い戻し致します。


【開催場所】 北海道札幌市東区 モエレ沼公園


【時間】 20時〜20時50分

【昨年の人出】 14000人

【花火について】 総点開幅 1050m
        250ユニット/1200発
        尺発32発装填

【入場制限】
入場制限があります。

チケット制/一般販売(6月中旬)
※ 通常の公園の利用は16時までです。

17時以降モエレ沼公園に入場される場合はチケットが必要となります。

※ このモエレ沼芸術花火大会は市民の皆様のご協賛で運営されています。

※ チケットの収益金の一部はモエレ沼公園の遊具などの補修等に当てられます。






交通アクセス


当日、モエレ沼公園内駐車場、および公園付近への駐車は一切できません。

公共交通機関をご利用下さい。

送迎される場合には公園西口ゲート・パープルロード北向き車線(道道112号線)でお願い致します。

ただし混雑が予想されますのでお気をつけ下さい!

早めに家を出て送迎する事をオススメ致します。


【タクシーをご利用になるお客様】

モエレ沼公園西口駐車場に乗降所があります。

・ JR札幌駅から約3,500円

・ 東豊線栄町駅から約2,500円


【公共交通機関・シャトルバスをご利用になるお客様】

在来線バスの他に、地下鉄南北線・麻生駅と地下鉄東豊線・栄町駅より臨時バスを運行いたします。

モエレ沼公園東ゲートに発着所があります。


〈シャトルバス〉
『中央バス臨時シャトルバス「地下鉄南北線・麻生駅」「地下鉄東豊線・栄町駅」から』
運行時間:16時〜19時
運賃:大人 300円
   小学生 150円
乗車時間:麻生駅からは約33分
     栄町駅からは約22分

※ 満員になりしだい発車いたします。

※シャトルバスは現金のみで乗車可能です。
(カードや乗継券の使用はできません)


〈シャトルバスでお帰りのお客様〉
花火大会終了後、東ゲートシャトルバス乗降所から満員になり次第、随時発車いたします。


〈通常バス〉
地下鉄南北線・麻生駅/地下鉄東豊線・栄町駅
路線名:中央バス【麻26】 「モエレ沼公園」行き
乗車時間:約40分/約30分
地下鉄東豊線・環状通東駅
路線名:中央バス【ビ68】 「モエレ沼公園」行き
乗車時間:約35分
バスセンターとJR苗穂駅
路線名:中央バス【東6】 「モエレ沼公園」行き
乗車時間:約35分
〈自転車でお越しになるお客様〉
モエレ沼公園南ゲートに駐輪場がありますのでご利用下さい。


〈徒歩でお越しになるお客様〉
モエレ沼公園の東・西・南ゲートよりご入場下さい!

※ 北ゲートは花火打ち上げに伴う立ち入り制限区域に含まれ一切の立ち入りが禁止されています。

ご了承下さい。



モエレ沼芸術花火大会の独自の穴場情報


モエレ沼公園

【チケットを購入した場合】
サポーターチケットは公園内の芝生から見る事ができ、プレミアムのチケットは椅子席ゾーンで見る事ができます。

そして、サポーターチケットは4つのゾーンから指定ができ、プレミアムチケットはお好きな席を選ぶ事ができます。


【チケットを購入しない場合】
遠くからの打ち上げしか見ることができませんが、イオン札幌苗穂店では屋上を解放するほか、建物としてはホクレンショップ・トライアルがオススメです。

無料で見れるモエレ沼公園の駐車場は人と車で溢れるのでオススメはいたしません。

交通事故等気をつけて下さい!


【家で見たい場合】
モエレ沼芸術花火の様子は動画配信しておりますので自宅でもパソコンのインターネットを使って見る事ができます。


モエレ沼芸術花火の見どころ


48分間のノンストップ花火のイリュージョンは圧巻で見応え十分です!

モエレ花火大会は、市民の力で未来を担う子供達のために魅力ある新たな風物詩を創造したいと始まった花火です。

札幌初となる1050mにも及ぶ3D展開による迫力、現代名工に選出された花火師と日本一のプログラマーによる美しさ・創造性・本物の音楽と花火のコラボレーションをここ札幌の地で体感して下さい♪

世界的な彫刻家であるイサム・ノグチの遺作であるこのモエレ沼公園だからこそできる花火がここにあります。

あなたのお越しを待っていますよ!

スポンサードリンク

このページの先頭へ