七夕の節句の食べ物とは?意外な事実が判明

スポンサードリンク

七夕の節句には何を食べていましたか?

その七夕の日には、私は子供を連れて近所のお祭りに行って、“流しそうめん”を食べたりしてました。

昔の日本では、お節料理は正月だけではなく、お供え用で各節句の度に作られ、食べられていた一般的な食べ物だったそうです。

七夕の食べ物

また、この時期はお盆(旧7月15日)を迎えるための準備(七夕盆)としての意味を持ち、畑作の収穫祭を祝う祭りが人々の間で行われていたそうです。

この時、健康を祈り素麺の元となったお菓子“索餅(さくべい)”が食べられていました。

索餅は熱病を流行らせた霊鬼神が子供時代好きな食べ物で祟りを沈めるとされていたそうです。

やがて、索餅は舌触りのよい素麺へと変化して、七夕に素麺を食べるようになっていったそうです。

7月7日は「そうめんの日」なんだそうです。

ちなみに、5月8日は「ゴーヤー」の日です(もしかして沖縄だけ?!)。


食べ方はある?


流しそうめん

七夕の日に食べるそうめんと言えば、“流しそうめん”ですよね。

七夕のお祭りや、学校行事でも流しそうめんを頂くのが主流になってきて、よく目にします。

“流しそうめん”の始まりっていつ、どうやって?って思いますよね。

流しそうめんの発祥は、宮崎県高千穂町の「高千穂峡」なのだそうです。

どうして食べ始めたのかと言うと、暑い野良仕事の際に、青竹と石清水を使い食したのが始まり、と言われています。

最近では、家庭でも気軽に流しそうめんが楽しめる、卓上用の回転式流しそうめんの機械があるので、トッピングを変えて、家族で楽しみながら流しそうめんが気軽に食べらるのが嬉しいですね^^

風水では、そうめんは「恋愛運を高める食べ物」と言われているそうです。



地域によって食べ物が違うのか?


「お星さまに捧げるごちそう」

地域によって、七夕の食べ物が変わってくると思います。

長野県では“ほうとう”という食べ物を七夕の日に食べるのが習慣だそうです。

“ほうとう”と言えば、温かいスープに入っている“うどん”をイメージしますが、長野ではスウィーツとして食べるのだそうです。

長野県では主に月遅れの七夕(8月7日)が行われているそうです。

松本市の七夕人形は国の重要有形民俗文化財にしていされ、古式の七夕の様相を伝えている。

木型の人形に子供の着物をかけて吊るし、季節の野菜、煮物、まんじゅう、そして“ほうとう”がそうなえられるんだそう。

なぜ、七夕にほうとうを食べるのと言う由来は探すことは出来ませんでしたが。。。(チャンスがあれば長野県の方に聞いてみて下さい^^)もしかしたら、身近な食材に当時貴重な甘味をかけ、七夕様へのおもてなしの気持ちを込めたのかもしれないですね。

お星さまに捧げるごちそう


まとめ





七夕の節句の食べ物は各地で、少しちがうとおもいます。

七夕にはさっぱりとした、流しそうめんを食べる習慣が根付いてきて、夏の風物詩にもなっています。

流しそうめんを家で家族と楽しくゲーム感覚で食べるのも良いですし、あと、そうめんは「恋愛運」を高める食べ物らしいので、今年の七夕の日には、気になる相手と一緒にお祭りに出かけて“七夕流しそうめんデート”を計画したり、友達とお祭りに出かけ流しそうめんを食べて恋愛運アップ↑してみるのも♪^^ すてきな夏になるかもしれないですよ~

スポンサードリンク

このページの先頭へ