ハーベストの丘花火2015年の穴場情報

スポンサードリンク

ハーベストの丘は、甲子園球場8個分の雄大な敷地を誇る自然農業公園です。

園内には季節の花が咲き、乗馬体験や牛の乳搾り体験、パン作り体験などができます。

アスレチックや芝生もあるので大人から子どもまで楽しめる公園となっており、家族連れで賑わっています。

花火大会も園内で打ち上げられるので、間近で見られて迫力満点です。

ハーベストの丘花火2015

ハーベストの丘花火2015日程と時間

2015年日程:未定

2014年の日程:8月14日(木)、8月16日(土) 19:45~20:00

(悪天候の場合はそれぞれ翌日へ延期となります)


場所:大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺 堺・緑のミュージアムハーベストの丘


アクセス方法:【車の場合】阪和道「堺IC」より約15分

【電車の場合】泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」よりバスで約15分

交通規制:なし

時間規制はありませんが、17:00以降は毎年渋滞が発生しているようです。

駐車場:あり(約1,800台分の無料駐車場あり)




ハーベストの丘花火2015詳細


打ち上げ本数:約2,000発

昨年の来場者数:約1万人

屋台・出店:あり

屋台の他にも園内にレストランや売店があり、飲食には困りません。

自宅からお弁当を持参して、園内のベンチや公園内で食べている姿もよく見かけます。




穴場はここだ!


見どころ:スターマイン

打ち上げ時間は15分間と短いが、約2,000発の花火がほぼ切れ目無く打ち上がり続けるので見ごたえありです。

特にフィナーレのスターマインは、打ち上げを近くで見られるのもあって圧倒されます。

花火の最大号数は4号です。

規模は小さいですが、絵花火や吊り橋からの仕掛け花火など内容は盛りだくさんです。


2015年穴場情報:ハーベストの丘第二駐車場

実は第一駐車場よりも第二駐車場の方が帰りの渋滞に巻き込まれにくいのです。

第二駐車場に車を停めたら、そのまま園内には入らずに駐車場の前から花火を見ることができます。

障害物がないため、1発目からこの穴場で綺麗に見ることができます。


注意点:交通規制がないため、帰りは渋滞が発生しています。

特に堺ICまでが毎年混雑しているようです。

駐車場から園の外にでるまでに1時間~1時間半ほどかかっています。



口コミ情報



花火大会当日は様々な体験イベントも同時開催される予定となっています。

2014年は13日~16日の間にキャンドルナイトも同時開催されました。

2015年も近い日にちになると思われます。

日中は園内で遊んで夜は花火を楽しめば、1日を満喫できますね。

また、2015年は開園15周年の記念すべき年でもあります。

15周年記念イベントにも注目したいですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ