みなとこうべ海上花火大会2015が開催!日程と穴場を解説

スポンサードリンク

「関西の行ってみたい花火大会ランキング」では第1位、「関西の人気花火ランキング」では第2位となった、人気のみなとこうべ海上花火大会

神戸特有の1000万ドルの夜景と花火が組み合わさり、とても綺麗な光景を見ることができます。

会場となっているメリケンパークやハーバーランド、ポーアイしおさい公園をはじめ、異人館通りや南京町、ビーナスブリッジなどなど近くには観光名所が点在しています。

花火大会は土曜日に開催されるので、そのまま神戸に宿泊して日曜日は観光をして楽しむのもおすすめですよ。

さて、2015年の情報をまとめてみました。

みなとこうべ海上花火大会

日程:2015年8月8日(土) 雨天決行、荒天の場合は中止

時間:19:30~20:30





アクセス方法・場所、交通規制はある?駐車場は?


場所:兵庫県神戸市中央区新港町 神戸港


アクセス方法:【車の場合】阪神高速3号神戸線「京橋IC」より約3分

【電車の場合】JR「三ノ宮駅」または阪急鉄道・阪神電鉄「神戸三宮駅」より徒歩約20分

交通規制:あり(17:30~21:30)

駐車場:なし




みなとこうべ海上花火大会2015詳細


打ち上げ本数:約1万発

昨年の来場者数:約28万人

屋台・出店:メリケンパーク、モザイク前、中公園、しおさい公園に多数出店されています。

兵庫ふ頭には屋台がありませんので要注意です。



厳選穴場情報


見どころ:仕掛け花火、スターマイン


穴場情報:①ポートアイランド西公園または北公園

人ごみが苦手という人におすすめのスポットです。

会場からは少し離れますが、人も少なめで落ち着いて花火を見ることができます。



②新港第2突堤防

ポートターミナル駅から少し歩きますが、地元の人しか知らない穴場スポットです。

屋台が第1突堤防までしかないので、ほとんどの人が第2突堤防までは行きません。

人が少なくて移動もしやすく、ゆっくり花火が見られます。

注意点:新港第2突堤防での花火鑑賞をする場合は、必ず事前に飲食物を買っておきましょう。

屋台はもちろん、コンビニや自動販売機もありません。

注意:駐車場がありません。

高速道路をおりてすぐ会場となっていますが、駐車場がないため公共交通機関を利用するようにしましょう。

また、交通規制により京橋ICは入り口が20:00~22:00の間で閉鎖されますので注意しておきましょう。


さらに花火を楽しむための裏情報


神戸メリケンパークオリエンタルホテルでは、みなとこうべ海上花火大会専用の宿泊プランが用意されています。

大迫力の花火をホテルの特等席で見ることができる、特別なプランです。

人や車の渋滞もなく、美味しい食事とともに贅沢な花火大会を楽しめます。

完全予約制ですので、早めに計画をたててホームページから予約しましょう。

メールマガジン会員は先行予約があり、メルマガで告知がなされるようです。

一般予約は2015年6月1日(月)からとなっています。

また、有料で誰でも座れる花火協賛サポート席も設置されます。

花火の打ち上げを間近で見られる席ばかりですが、当日券は早くに売切れてしまいますので前売り券を狙ってみましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ