七夕・短冊の由来を簡単に解説!意外な事実も

スポンサードリンク

実は、江戸時代より前の日本で七夕の日には、短冊ではなく“五色の糸”をお供えしていたそうです。

その次に“糸”から“布”になっていったそうです。

七夕・短冊の由来を簡単に解説していきます。

七夕・短冊の由来を簡単に解説

江戸時代になってから庶民の間で七夕が広がると、高価な布はなかなか手に入れにくいことから、“紙の短冊”へと変化していったみたいです。

願い事を短冊にかくようになったのも、この頃からだとか。

かつて七夕が宮中行事だったころ、カラドリの葉にたまった夜露で墨をすり、「梶の葉に和歌を書き笹竹に吊るす」ことで、書道などの上達を願う習慣があったそうです。

この習慣がもとになって、手習いの盛んだった江戸時代になると、その上達を祈って、短冊に願いを書くようになったとも言われているそうです。


なぜ笹竹なのか?


笹竹

なぜ笹竹を使うのか知ってましたか?

昔の日本では、“笹と竹は神聖なもの”として扱われていたそうです。

天に向かって伸びる力強さに生命力を感じ、風にそよぎ、サワサワという葉の音に精霊(祖先の霊)や神々が宿る依代(よりしろ)と信じられていました。

だから、七夕には縁起の良い笹竹が使われるようになったんですね~。


5色なのはなぜ?


七夕と5色

なぜ短冊が五色なのかと言うと。

中国の陰陽五行説からきているそうです。

「赤」…礼 父母や祖先への感謝の気持ち
「青」…仁 徳を積む・人間力を高める
「黄」…信 信頼、知人・友人を大切にする
「白」…義 義務や決まり事を守る
「黒」…智 学業の向上


それから後になって、古くからすべてをまとめる色で“最上色”といわれる「紫」が「黒」に変わって使われるようになり、現在の五色「赤」「青」「黄」「白」「紫」となりました。

「青」は「緑」でも代用OKみたいですよ~^^


七夕の歌について


七夕の歌と聞いてピンとくるのが、「たなばたさま」ですよね~。

よく、小学校の頃に歌っていたのを思い出します。

でも、ただ歌っていたのではないでしょうか?(小学生だったし。。。)

今回、少しその歌について簡単に解説していきたいと思います。

「たなばたさま」

笹の葉さらさら のきばにゆれる お星さまきらきら きんぎん砂子

五しきのたんざく わたしがかいた お星さまきらきら 空から見てる


この歌にある、聞き慣れないキーワードをかるーく解説していきたいと思います。

“のきば”=軒口
“砂子”=金箔や銀箔を細かくした粉状にしたもの
“五しき”=五色の短冊

と言う事だそうです。

この歌詞からも想像できるように、いつの時代も星のきれいな夜に、空を見上げて“星に願いを込める”と言う事は一緒なのだな~と思いました。

夜空って、自分の好きに想像できるロマンチックな空間ですもんね^^

下記の動画をみると、七夕の由来が簡単にわかります。



関連するツイート




七夕の短冊・まとめ


七夕の短冊には五色あって、その一つ一つに意味があって、その意味は中国から来ている事をしりました。

七夕はず~っと、日本だけの風習だけなのかと思いましたが、なんか違く感じですね。

これからもう少し、掘り下げていってみようかな~と思ってます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ