日枝神社山王祭2015の日程は?

スポンサードリンク

江戸時代からの日本の伝統芸能とされている、邦楽、お茶、お花、など様々なイベントも開催されて、毎年沢山の見物客も参加し、賑わう日枝神社山王祭と言われています。

まるで、東京の真ん中に江戸時代がそのまま、タイムスリップでもしたかのような体験をぜひ楽しんで見て下さい。

徳川時代から、歴代将軍が拝礼すると言われている“天下祭り”として現在まで受け継がれている行事です。
江戸三大祭りとして、また日本の三大祭りに加わる祭となりました。

日枝神社山王祭

日枝神社山王祭2015の日程

開催期間日程 … 2015年6/7(土)~17(火)

場所 … 日枝神社

住所 … 東京都千代田区永田町2-10-5



交通アクセス

車 … 首都高速「霞ヶ関」ICから凡そ約5分
公共交通 … 地下鉄千代田線⇒国会議事堂前下車(出口5)⇒凡そ徒歩約5分

駐車場
参加者 … 日枝神社内の駐車場をご利用となりますが、台数に限りがあります。

見学者 … 各、会場付近の最寄り有料駐車場の利用となります。
出来るだけ、公共の交通機関の利用をお薦めします。





日枝神社山王祭2015詳細


江戸三大祭の筆頭として、又、京都祇園祭、大阪の天神祭と同様に、日本の三大祭として伝えられているお祭りで、毎年6月の開催と決められています。

近代都市東京で、江戸時代にいるかの様な体験が出来ます。



神幸祭の古く艶やかな行列は、現在の東京の雰囲気とは全く想像出来ない部分があり、比較して見るのも楽しいかも…。

その他にも、歴史的重圧も感じさせてくれる、儀式では、神楽囃子、山王太鼓は古き日本の芸能を感じとれ、感動シーンも沢山あります。

神幸祭(祭礼行列)の始まりは、日枝神社を7:45に出発として、各模様し会場の8ケ所を回り、最終17:00に出発地点、日枝神社に戻って来る事になります。

ほぼ一日中歩き回り、日頃の体力も試されるお祭りです。



他の祭りは?


6/8 … 夏越稚児祭(山王子供まつり)
夏越稚児祭(なごしちごまつり)とは、3歳~6歳の幼い子ども達が、茅の輪と言う、茅草で作られた大きな輪の中をくぐると、無病息災と言い伝えられる伝統行事です。

男の子は烏帽子(えぼし)を、女の子は天冠(てんかん)と言った物をかぶり、かわいいお稚児さんになります。

6/13 … 神幸祭(祭礼行列)
日本三大祭りの一つと言われています。
日枝神社の山王まつりの中でも、神幸祭はとても華やかな儀式になります。

神威ひときわ輝く二基や、神輿、山車を、まるで王朝装束の様な衣類を身に付けて、銀座の中央通り等を練り歩きます。

6/13 … 納涼大会
納涼大会と言うと、通常での境内はとても静まりかえっていのですが、奉納提灯で足の踏み場の無い位に掲げられている明かりの中で、心に響く太鼓の音から始まります。

初めての参加者にも、楽しむ事もできる歌や踊りに、近隣の住民は浴衣等を身に付けて楽しみます。

例えば、雨が降っても、やぐらを建てられる為開催され、お祭り期間中には、楽しい夜店も沢山出店します。

スポンサードリンク

このページの先頭へ