五所川原立佞武多2015!日程と時間は?

スポンサードリンク

五所川原立佞武多は、青森ねぶたの中でも大きく違う処は、“高さ”ですね。

五所川原立佞武多の大きさは、明治時代から大正時代にかけて、市内の豪商や集落で競い、大きさが徐々に巨大化して行ったそうです。

県内は色んな地域で、ねぶたや、ねぷた祭りが有るのですが、代表格の青森ねぶたや、弘前ねぷた同様に五所川原立佞武多も東北の夏祭りとして、注目されて発展しているのですね。

五所川原立佞武多

五所川原立佞武多の日程時間

2015年度の日程は…8月4日~8月8日の期間で開催されます。

開催時間は…19:00~21:00



アクセス方法・場所、交通規制はある?駐車場は?


開催場所は … 青森県五所川原市大町38周辺


アクセス

電車の場合は … 青森駅下車 ⇒ タクシー(片道料金:970円距離)
車の場合は … 青森方面へ ⇒ 国道101経由で凡そ42km

交通規制 … 17:45~21:00頃
お祭りが開催される周辺への、車の乗り入れは難しいと思われますので、少し離れた場所に停めて公共の交通
関を使われた方が、良いと思います。

駐車場は … 公共の駐車場があり、無料です。

* 駐車場耳寄りなお話 … ELMの街の駐車場で、ショッピングセンターの駐車場を、解放して頂けるそうですよ。
3ヶ所に分かれていますが、約3000台も駐車する事が出来るそうです。

ただ、毎年の人では100万人を超えと言われていますので、車で来られる方はかなり早目に行かれる方が良いと思います。





五所川原立佞武多2015詳細


「青森のねぶた」と「弘前ねぷた」は有名ですが、それに並び青森の三大佞武多と言われています。

五所川原立佞武多は、高さが最大で20mを超える山車もあり、練り歩く姿はとても壮大で迫力があります。

立佞武多の館の中に、いつもは展示されている3台の大型立佞武多と同時に、地域住民(学校など…)愛好会の皆さんで造られた中型~小型のねぷた、合わせて15台前後もの山車が練り歩きます。

もし、家族づれで見物を予定されている方は、3日に現地に入られるのが良いかと思います。

3日は花火大会が開催されるのですが、約5000発の花火なので、せっかく行くのだから観て置こうかな…?
花火大会を目的にする程の規模では無いかも知れませんし…ね。



見どころ・穴場情報・注意点は?


巨大三車と「ヤッテマレ、ヤッテマレ」の掛け声もいさましく、高さは最大23mもあり、重量は19tにも及ぶ巨大ねぶたと住民で作られた、ねぶたの練り歩きの迫力は最高の見どころです。

また、ゆっくり醍醐味を観覧したい方は、「有料観覧席」も準備されていて、申し込み開催中です。

※2015年8月3日は花火大会の為、立佞武多の山車運行はありませんので、勘違いされません様に。
※立佞武多の開催日は毎年同じ日に決まっています。(曜日には拘りません)

スポンサードリンク

このページの先頭へ