第10回きみの夏祭り日記~日程や駐車場~

スポンサードリンク

第10回きみの夏祭りは年々来場者数が増え続けており、今では町の人口を超えるほどの人で賑わいます。

2006年に始まった当初は完全に地元の人々だけの小さな祭りでしたが、花火の迫力などが近隣の県などにクチコミで広まり、今では夏休みということもあり多くの人が訪れるようになりました。

花火を見た人は必ずその迫力に圧倒されるといいます。

地域の活性化にもつながっており、これからも開催数を重ねて受け継いでいってほしい花火大会です。

きみの夏祭り

2015年の日程と時間

日程:2015年8月15日(土) 雨天の場合は翌日へ延期

時間:20:30~21:00



アクセス方法・場所、交通規制はある?駐車場は?


場所:和歌山県紀美野町神野市場 紀美野町文化センター木の温もり広場


アクセス方法:【車の場合】阪奈自動車道「海南IC」より約30分

【電車の場合】JR伊勢本線「海南駅」よりタクシーで約30分(徒歩圏内の最寄り駅がないため、車での来場が便利です)

交通規制:あり

駐車場:あり(会場内に約300台、会場周辺に約450台の無料駐車場あり)

周辺会場の他に、紀美野町農村センターグラウンド、美里中学校グラウンド、サンリゾートカントリークラブ駐車場が臨時の駐車場となります。

駐車場から会場までは無料シャトルバスが運行します。


詳細な情報(打ち上げ本数・来場者数・屋台・出店情報など)


打ち上げ本数:約1,500発

昨年の来場者数:約15,000人

屋台:約60店舗の屋台が並びます。






見どころ・穴場情報・注意点は?


見どころ:4号玉スターマイン

フィナーレのスターマインと尺花園の打ち上げは必見の迫力です。

穴場:打ち上げ会場の背が山であり、会場周辺は高い建物もなく、花火を遮るものがありません。

穴場スポットをわざわざ探さなくても、会場周辺で十分に綺麗に見ることができるようです。

注意:渋滞緩和のため、海南方面へ帰る場合は会場下の国道交差点から平成大橋を経由して新バイパス道路を利用すると、比較的スムーズに帰ることができるようです。


2015年で10回目を迎えるきみの夏祭りでは、花火大会の他にもイベントが開催されます。

16:00から始まる地元の高校生による和太鼓の演奏で夏祭りが開催します。

その他にも、スポーツ少年団による体操の披露や地元高校生による軽音楽、町内サークルによるフラダンスの披露など、地元の人々が中心となって夏祭りを運営します。

また、紀美野町のパワースポット「不動の滝」もおすすめです。

夕方は少し涼しくなるので、神秘的な滝でマイナスイオンを受けてから花火大会へ向かうのも良いですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ