2015年・勝毎花火大会の日程は?生の声も

スポンサードリンク

北海道で全国トップクラスの花火大会がここ帯広市にあります。

十勝川の河川敷で音楽・証明・花火が一体となった花火大会は非常にエンターテイメント性に飛んでいてみる人をあっと言わせますよ!

今回はそんな勝毎花火大会についてご紹介いたします。

勝毎花火大会


2015年の勝毎花火大会日程

【日程】 2015年8月13日(木)
毎年、8月13日の開催となります。

【時間】 19時30分〜20時45分

【荒天の場合】 2015年8月14日(金)に順延になります。

【打ち上げ数】 約2万発

【昨年の人出】 20万人

【打ち上げ場所】 十勝川河川敷特設会場
        (十勝大橋下流400m)





交通アクセス


【交通】 JR帯広駅から徒歩20分
※ 帯広駅、特設駐車場から有料のシャトルバスを運行します。

・ 会場周辺で交通規制を行いますので渋滞が予想されます。

【駐車場】 無料(アグリアリーナ・北愛国交流広場)
   ※会場周辺には駐車場はありません。

【有料席チケット】 ファミリー席(4名様):16,800円(マス指定)
      ペア席(2名様):8,400円(パイプイス指定)
      個人席(1名様):4,200円(ブロック指定ですがブロック内は自由です)






勝毎花火大会の穴場は?


すずらん大橋と橋の下の河川敷
打ち上げの会場からは少し離れてしまうのですが、花火大会にお金なんて払っていられない!

という方にオススメです。

少し遠くても花火が綺麗に見られると評判の場所なんです♪

すずらん大橋

鈴蘭公園
鈴蘭公園の展望スペースの高台から花火大会をみることができます。

そして、そこからは帯広市の夜景や山々が広がっていて花火と共に夜景を楽しむことができる一石二鳥の場所なんです!

この2カ所が私のオススメですが、他に札内ガーデン温泉の展望台や離れると帯広競馬場からも花火を見る事ができます。


2015年・勝毎花火大会の見所


見所はなんと言ってもフィナーレに打ち上がる〈錦冠(にしきかむろ)〉です。

夜空に打ち上がるこの花火は、やはり目にした方々が感動し圧巻の一言につきると豪語します。

彗星のような花火でまるでプラネタリウムにいるようと言う方もいます。

全体的にも北海道でこんなに迫力があり、見るもの全てを魅了してリピーターがあとをたたないくらいなんです。

全国各地から訪れています。



花火大会の注意点


・花火の燃えカスが目に入った時はこすらず水で洗い流して下さい!

そして、念のために医療機関(眼科)を受診しましょう。

・花火の不発玉に注意しましょう!

触ったり、むやみに動かしたり衝撃を加えたりすると爆発する危険性があります。

その場合は近くの関係者の方に伝えましょう。

・花火を鑑賞し終わったらゴミの片付けにもご協力下さい!


北海道帯広市は道新十勝川花火大会と勝毎花火大会と二つの大きな花火大会が開催されるんです。

2015年も夏の帯広市はすごいですね!

錦冠という花火や音と証明が花火とどうコラボレーションするのか気になりませんか?

まだ、夏まで時間があります。

北海道帯広市の夏の夜空を彩る全国トップクラスの花火大会、20万人の方々の心に深く焼き付いてまた来たいと思わせてくれる花火です。

1度あなたも見に来てはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

このページの先頭へ