七夕の旧暦と新暦ってどう違うの?意外な回答が…

スポンサードリンク

お正月の新正月、旧正月があるように、七夕にも実は“旧暦”の七夕と、“新暦”の七夕とがあるそうなのです。

ですが、七夕の日付の考え方はお正月の単なる“旧暦カレンダー”と“新暦カレンダー”で見分けるのとは、ちょっと違うみたいです。

旧暦に行われる七夕は、「伝統的七夕」や「旧暦による七夕」と呼ばれているそうです。

新暦の七夕はそのまま「七夕」らしいです。

何となく、七夕にも旧暦や新暦があるのだろうな~と思っていましたが、「伝統的七夕」または「旧暦による七夕」などと呼ばれているなんて知りませんでした。

その“旧暦”、“新暦”とはどう違うのでしょうか?


七夕の旧暦と新暦

この旧暦の七夕と、新暦の七夕の違いを簡単にわかりやすく紹介します。

旧暦の七夕は、月の満ち欠けできまり、旧暦の七夕の日付はその年によってばらばらになるので、毎年同じ日付になると限らない。

大体は8月上旬だけど、その年によって7月末になったり8月末になったりするそうです。

新暦の七夕は現在のカレンダーに沿っているので、皆さんがご存じのように毎年同じ日付の7月7日になります。

ちなみに、よく勘違いされていたと思う、新暦の8月7日に行われる七夕は「旧暦の七夕」ではなく、実は「新暦の月遅れの七夕」なのだそうです。

お間違いのないように^^

実のところ私も知りませんでしたが。。。笑

七夕の違い



地域によってちがう?



七夕は一般的に全国共通で、全国を上げて新暦の7月7に行われるのかと今まで思っていましたが、実は地域によって日付が違ってくるそうです。

七夕は本来、お盆の先祖を迎えるための禊(みそぎ)も意味します。

それによって、七夕はお盆の日付に連動することが多いようなのです。

なので、以前お盆は旧暦の7月15日に行われていたそうです。

現在都会などでは、お盆を新暦の7月15日にしますが、田舎では月遅れの8月15日にしているのが一般的なのだそうです。

たとえば、東京で7月7日に七夕をしますが、仙台などでは8月7日に月遅れの七夕をするという違いがあるそうです。

ちなみに、私の出身地沖縄では、七夕は旧暦で行われていて(高齢者の間だけですが)それは、盂蘭盆会(うらぼんえ)の一環として位置づけられているそうです。

*盂蘭盆会(うらぼんえ)とは、お盆と同じ。

お墓を掃除して、先祖に盂蘭盆会が近づいた事を報告するそう。

納骨などもその日に行っていたそうです。



七夕の旧暦と新暦まとめ


ここで意外な情報が…信じるか信じないかは…。


今回、七夕の旧暦・新暦について少しお勉強させていただきましたが、案外しらない事がいっぱいあったんだな~と、また改めて感じました。

ずーっと、七夕の旧暦と新暦の違いは、カレンダーの旧暦と新暦で違ってくると信じていましたが、旧暦の七夕は月の満ち欠けによって毎年日付が違っていくんですね~。

現在ではあまり旧暦の七夕(伝統的七夕・旧暦による七夕)を耳にしないと思いますが、それを行っている地域へ今年は出かけていくのもまた、新たな発見になって面白いかも!

または、夏休みを利用して「新暦の月遅れの七夕」を体験しに、他県へ行くのもまた楽しい七夕の旅になると思います^^

スポンサードリンク

このページの先頭へ