第51回富山新港新湊まつり花火大会の日程と穴場!

スポンサードリンク

射水市といえば“海王丸”の名があがるほど、地元では有名な帆船は、“海の貴婦人”という愛称で親しまれています。

その美しい船のイルミネーションとともに、富山新港には大きな花火が打ちあがり夏の夜空を彩ります。

規模は小さいですが地元の人に愛され続け、2014年で50回目を迎えました。

海と花火のコラボレーションは全国各地でよく見られますが、船と船のイルミネーションが組み合わさった花火大会は珍しいでのではないのでしょうか。

これからも長きにわたって伝統を引き継いでほしい第51回富山新港新湊まつり花火大会を紹介します。

第51回富山新港新湊まつり

2015年の日程と時間は?

日程:2015年7月26日(日) 小雨決行、中止の場合は延期なし

時間:花火大会は19:50~20:30(予定)


その他イベントあり(2014年は16:00~アマチュアバンドフェス、18:40~地元の小学生達による伝統的な踊り「のじた踊り」の披露がありました)



アクセス方法・場所、交通規制はある?駐車場は?


場所:富山県射水市海王町 海大丸パーク


アクセス方法:【車の場合】北陸自動車道「小杉IC」より約20分

【電車の場合】JR高岡駅から万葉線電車に乗り換えて「海王丸駅」で下車し、徒歩約5分

交通規制:あり(20:00~20:40までは会場周辺すべて通行止め)

駐車場:臨時開放駐車場はなし、近隣に施設の駐車場はあり


打ち上げ本数・来場者数・屋台・出店情報


打ち上げ本数:約2千発

昨年の来場者数:約5万人

屋台:お昼に開催されるイベントの時から屋台はオープンします。

花火開始1時間前には各屋台で行列となり、花火開始までに席に戻れない可能性もありますので注意が必要です。




穴場はココっ!


見どころ:最大号数10号玉の打ち上げ花火

海王丸と新湊大橋を背に、10号玉花火や水中スターマインなどが打ちあがります。

船のライトアップと色鮮やかな花火が海にもうつり、とても綺麗な光景です。

第51回富山新港新湊まつり花火大会穴場スポット:やはり海王丸の後ろで綺麗に打ちあがる花火を見るのが一番です。

海岸の遊歩道には遅くとも1時間半~2時間前には到着して場所取りをしましょう。

注意:車での来場は原則禁止されており、公式ホームページにも記載してあります。

万葉線を利用すれば帰りのチケットが無料で貰えますので、電車で会場まで向かうことをおすすめします。


当日はお昼からイベント会場でよさこい新湊やのじた祭り、納涼夜店などのイベントが開催される予定となっています。

第51回富山新港新湊まつり花火大会だけでなく、地元の人々による催し物にも注目したいですね。

また、花火大会が始まるまでに近くの川辺散策の船に乗って過ごすのもおすすめです。

“新湊海王船”という遊覧船に乗って、海王丸パークから富士新港や内川を巡ることができます。

運行時間は16時までとなっていますので注意しましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ