七夕の短冊に願いをかける♪由来は意外にも…

スポンサードリンク

そういえば、七夕短冊には願い事をする!って事が一番に頭にうかびませんか?

一体なぜ、短冊に願い事を書くようになったのだろう???って、由来をしりたくなりますよね。

何故なのか、ちょっと調べてみました。

七夕の短冊に願いをかける由来

もともと日本で7月7日夜に行われた水の神を迎える行事で、棚機つ女(たなばたつめ)が人里離れた水辺の機屋の中で行った儀式だったのです。

その行事が中国から7月7日夜に牽牛星が天の川を渡って、織姫星との一年に一度の逢瀬を楽しむ説話、夫人の乞功(きっこう)の風習(機織りや裁物の上達を願う)、経書や衣服の虫干し習慣などが伝来し、両者が結合したものだそうです。

この二星の願意がついに逢わせられることにあやかろうとした乞功奠の儀が盛んになっていったそうです。

近世に入る頃から、短冊に切った色紙に願いを記し、他の飾りと一緒に笹竹に結び付けて飾るようになったそうです。

乞功奠という儀式が元


乞功奠という儀式が元になっている



先ほど、見慣れない漢字「乞功奠(きっこうでん)」が出てきましたが、しかも、「乞功奠の儀」と!これって何の事かしってますか?

私は読み方さえ知らなくて、読み方から調べ始めたほどでした。笑

この「乞功奠」という言葉は、中国から星伝説と共に伝わった習慣らしいです。

「乞功(きっこう)」は巧みを乞う、「奠(でん)」は祀る、という意味があるそうです。

その頃の日本の天皇が技巧や芸能の上達を祈って、「乞功奠」を行ったと言われています。

実は、その「乞功奠」が現在の七夕の元になっているそうなのです。

奥が深いですね。





織姫と彦星について


織姫と彦星について

織姫と彦星について、と言われてすぐに“夏の夜に年にいちどしか会えないカップル”と、頭にうかんできますが、織姫と彦星には他にも色々と、彼らにまつわる話があったのです。

「織姫」と「彦星」という名前は、「こと座のベガ」、「わし座のアルタイル」の和名と、「織女(しょくじょ)」、「牽牛(けんぎゅう)」の中国名と、夏の星座として有名です。

実は、この二つの星から「星伝説」が生まれて「七夕」のになっていったのは、天文学的な理由があるのです。

この話が生まれた中国では、古くから「彦星(わし座)」は農業に適した時期になると明るくなるので、そこから「農事」の基準とする星をさして、同じ時期に天の川を挟んで明るくなる「織姫(こと座)」を養蚕や糸・針の仕事を司る星として考えるようになっていったそうです。

天文学まで関係してたなんて、意外ですよね。

ロマンチックで切ないだけのストーリーではなかったのですね^^


番外編

七夕の短冊にツッコむ人もいるようです…笑



本当に願いはかなうのか?


“願い叶う!”と信じましょう^^ 

あ、でも、真剣にですよ。

7月7日7時7分7秒に願ってみてみては?(ちょっと、やってみたくなった?笑)

本当に、“願い”とは“叶える”事・物なので、私は信じます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ