諏訪湖祭湖上花火大会2015の穴場は?場所取り情報も

スポンサードリンク

今回ご紹介する花火大会は諏訪湖祭湖上花火大会です。

長野県諏訪市で開催される国内屈指の花火大会。

こんな花火見た事無い!

なんてあなたに思わせるような花火が登場するかもしれませんよ?

では、穴場を紹介していきますね。

諏訪湖祭湖上花火大会2015

花火大会のプログラムは2部構成で第1部は尺玉の早打ちとスターマインが登場する競技花火。

第2部は水上スターマインや広大な諏訪湖ならではの約2㎞の大ナイアガラなどが披露されます。

次から次へと大物の花火が披露され見る人々に息をもつかせぬ展開を用意しています。

周りを山々に囲まれた諏訪湖なので花火の音が反響し迫力は満点です!

なお、場所取りならオススメは湖畔間近で見る事。


次々と諏訪湖の夜空へ打ち上がる花火や水上に打ち上がる花火、湖面に映る花火ここ諏訪湖祭湖上花火大会は色んな顔を持つ花火を見る事ができます。

夜に咲く大きなひまわりのような花火を是非あなたに。


下諏訪漕艇の南赤砂崎
下諏訪駅から徒歩約20分の距離で打ち上げ場所から少し離れてしまいますが、花火の開花音が四方の山々に響き臨場感とともに湖面に映る綺麗な凛とした花火を楽しめるポイントです。


ハーモ美術館周辺の湖岸
先ほどご紹介した赤砂崎の東側、下諏訪駅から徒歩約10分という距離です。

車の場合でも渋滞は上諏訪の場所よりも穏やかですよ♪

ここからも美しい花火がご覧になれます。


諏訪湖ヨットハーバー隣の広場
打ち上げ会場から花火がよく見える場所なだけにここの場所は早めの場所取りが必要です!

大ナイアガラもバッチリ見る事ができます。

上諏訪駅から徒歩約26分です!


高ボッチ公園
高ボッチ高原にある穴場スポット。

高台から遠巻きに諏訪湖の花火を観賞する形となりますが高台から見る花火も落ち着きがあって良いものですよ!

そして、ここからは諏訪湖と岡谷市を一望できるため夜景も楽しむ事ができます。

車で岡谷ICから約35分。


立石公園
諏訪湖はもちろん岡谷市や下諏訪町まで一望できる穴場スポットです。

山腹にあるため車での移動が必要となります。

ここから見る花火も風情があって落ち着いて楽しみたい方向けです☆








諏訪湖祭湖上花火大会2015の詳細は?


【開催日】 8月中旬
      (昨年は8月15日〈金〉の開催でした)
※ 例年も8月15日の開催のようなので今年も8月15日〈土〉開催の可能性が高いです。

【荒天の場合】 雨天決行
【時間】 19時〜21時
【打ち上げ会場】 諏訪市湖畔公園前諏訪湖上
【花火の種類】 尺玉・スターマインなど
【打ち上げ数】 約4万発
【昨年の人出】 約50万人
【有料席】 あり
有料自由席:大人1名様 3,000円
      子供1名様 1,500円
一般販売は7月下旬から諏訪市文化センターで販売。

※ 旧東バル跡地は当日券
個人自由席:1名様 1,000円(3歳以下無料)
販売時間:午前8時から
交通アクセス

車:中央自動車道諏訪ICから約15分
※ 当日会場周辺にて交通規制あり
(15時〜23時まで)
臨時駐車場:無料・有料あり 5070台まで
場所:ヨットハーバー駐車場『普通車 3,000円』
   すわっこランド駐車場『普通車 1,000円』
   諏訪湖スタジアム駐車場『普通車 1,000円』 など
公共交通機関
鉄道路線:中央本線
徒歩:JR上諏訪駅西口から徒歩8分


諏訪湖祭湖水花火大会は見る人からの視線を花火から反らさせません。

見る人々が瞬きをする事を忘れて見入ってしまうくらい早々とたくさんの綺麗な花火が打ち上がります!

この花火大会はあなたの心に残る花火大会となる事、間違い無し!

人を魅了してやまない花火がここにある。

スポンサードリンク

このページの先頭へ