川中島古戦場まつり花火大会が2015も開催!楽しみだ

スポンサードリンク

武田信玄と上杉謙信が戦国時代ここ長野県で相見えた戦いがあります。

それが川中島の戦いです。

この川中島古戦場まつりはその戦いで犠牲となった人々を弔う為に開催されておりまた、震災や地域の復興を祈願して行われています。

今回はその川中島古戦場まつり花火大会についての情報をお伝えいたします。

川中島古戦場まつり花火大会

【開催日】 10月中旬
      (昨年は10月11日〈土〉の開催でした)

【荒天の場合】 小雨決行
        荒天時は翌日に延期

【時間】 18時30分〜20時30分

【開催場所】 八幡原史跡公園周辺

【花火の種類】 ミュージックスターマイン・最大5号玉

【打ち上げ数】 約3000発

【昨年の人出】 約3万人

【有料席】 なし




交通アクセス


車:上信越自動車道長野ICから車で約5分

駐車場:無料
    400台

※臨時駐車場も完備





公共交通機関

鉄道路線:特急しなの・しなの鉄道北しなの線・北陸新幹線・篠ノ井線・長野電鉄長野線

バス:JR長野駅から松代行バスに乗り約30分

バス停:川中島古戦場 下車後すぐ



川中島古戦場まつりの見どころ


ミュージックスターマインの他、最大5号玉が打ち上げられます。

音楽に合わせて夜空に打ち上がる花火を是非ご覧下さい!

まるで夜空にユリの花が咲いたようですよ。

川中島で散った者達もきっとどこかでこの花火を楽しく見ている事でしょう♪

そして、長野県にも震災の余波が襲いましたが、地域ととともに長野県全体が昔よりもっと復興していく事を願うばかり。






穴場スポット


長野市立博物館

ここは川中島古戦場まつりの会場から裏手にある場所です。

会場周辺なので混み合いますが花火を綺麗に大きく見る事ができます!

駐車場も完備しておりますのでご利用ください。


川中島古戦場売店

ここでお土産を買いながらの観賞もオススメです。

会場から直線で見える花火のロケーションとなっています。

ただ、ここの通りも人で混み合いそうです。


川中島古戦場売店の周辺の田畑

会場周辺には県道35号線を挟んで田畑が広がっています。

何も遮る物もありませんので気持ちよく花火を見る事ができるでしょう!

人もあまり多くはありません。

落ち着いてみたいという方にもオススメです。



まとめ


永禄4年にここ川中島周辺で起こった戦いはたくさんの戦死者を出し被害も甚大でした。

今でもこうして川中島の戦いでの犠牲者を弔う催しを開催していることは戦死した方々にとって忘れる事無いものとなっている事でしょう!

また、復興の願いも込めての打ち上げという事でこの長野県全体に花火のような光が見える発展になっていく事が一番ですね。

当日はステージイベントもあり戦国時代がお好きな歴女の方々にもオススメの花火大会となっています。

あなたもこの川中島古戦場花火大会で昔ながらの情緒ある花火を体感して下さい!

スポンサードリンク

このページの先頭へ