日本の花火大会に海外の反応が…

スポンサードリンク

海外では、日本の花火が世界一だと言われるくらい素晴らしいものだと認識されています。

花火の製造技術をはじめ、演出や色の出し方など、世界中でどの国にも負けないほどの感動と迫力を与えています。

海外から日本に旅行に来た観光客は必ず日本の花火大会を絶賛します。

「気を失いかけた」

「日本の花火師のすごさに感動した」

「日本の花火ほど素晴らしいものはない」

などの声がたくさんあがっているようです。

日本の花火大会に海外の反応


日本の花火と海外の花火の違い


日本の花火と言えば大きな円が夜空に咲く様子を思い浮かべると思います。

しかし海外では円を描かない花火の方が多いのです。

特にアメリカやイタリア、スペインでは花火の元となる花火玉の形状が日本とは全く異なっており、筒状をしています。

よって打ち上げた際にきれいな丸にはならず、楕円や放射状となって色も変化しません。

日本と海外では、花火球の製造、花火の開き方、打ち上げ方法に違いがあります。

綺麗な円が打ちあがり、空中で色が変わり、華やかさもある日本の花火が海外でもお手本にされています。

日本の、繊細で風情のある技術に海外の人が魅力を感じたからではないでしょうか。


近年では海外でも日本のような丸い花火を打ち上げる国が増えてきました。

アジア圏の国では日本の技術を取り入れて菊花型割物花火を製造するようになっています。

元々は全く形が異なっていた日本と海外の花火ですが、日本の花火の影響を受けて、美しい円が咲く花火が求められています。


また、逆に日本も海外の花火に影響を受けています。

現在では各地で見られるようになったスターマインという花火演出は、元々はアメリカやヨーロッパで使用されていました。

海外ではお祝いやお祭りの時しか花火があがらないため、花火でどれだけ盛り上げられるかが重要です。

そのため、音と花火の連発が魅力的なスターマインという演出が生まれたのです。

海外ならではの迫力と大胆さを日本でも取り入れたことで、すぐに花火大会の目玉演出となりました。


まとめ


日本は、世界中のどの国にも負けないくらい風情・情緒・歴史・伝統などを大切にしています。

それは花火についても同じことが言えます。

花火の技術も進化し、演出にも毎年異なったこだわりがあり、様々な手法がうみだされ継承されてきました。

さらに花火大会にはその場所で開催する意味がしっかりとあるのです。

その土地や過去の出来事に対しての、「意味を持たせた花火大会」であることも海外の人へ感動を与えている要因のひとつなのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ